AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED 価格・中古・作例

このエントリーをはてなブックマークに追加


※移転のお知らせ
カメラ関連のデータベースはCamera Lens-Naviに移転しております。


発売日 2008年3月14日
販売価格 83,000円
レンズタイプ 標準マクロ
最大径×長さ(重量) 73x89mm(425g)
製品リンク 価格.com
製品ページ
Amazon
楽天市場
クローズアップ撮影以外も楽しいコンパクトなマイクロレンズ。 無限遠から至近(等倍)まで幅広い撮影倍率が楽しめ、等倍撮影でも絞り開放からシャープな描写力を発揮します。ゴーストやフレアーの少ない鮮明な画像が得られるナノクリスタルコートを採用。ボケ味が美しく、クローズアップ写真:撮影だけでなく、ポートレートや風景など多彩な撮影に使えるマイクロレンズです。

描写や性能の個人的メモ

  • D40やD60等のモータレスの機種でもAF可能な、中価格帯の軽量マクロレンズ
  • 旧型としてAi AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8Dがある。こちらはレンズ内モーター無しなので注意
  • 以下はD200でのテスト(Micro-Nikkor AF-S 60mm f/2.8 G ED N - Review / Test Report
  • 歪曲収差は0.07%ほどで非常に低い数値となった。実撮影では全く影響はない。
  • 周辺減光に関しては開放で0.59Evと少なめで、F4以降は無視出来る値となる。D200ではFXレンズのスイートスポットを利用しているためでもある。
  • マクロレンズの特性として開放から非常に高い解像度であった。回折の影響はF11から徐々に受け始める。
  • 中央部の解像度はF2.8-11でExcellent(最高評価)となり、それ以降は回折のためF16でVeryGood(上から2ランク目)、F22で急激に落ちてfair(上から4ランク目)となった。
  • 周辺部の解像度はF2.8でVeryGoodとなり、F8までは徐々に解像度が上がっていった。F8ではExcellentとなり、それ以降は回折の影響を受けて解像度は落ちる。
  • 倍率色収差はf4がピークで1.4ピクセルと、新しい世代のレンズとしては多く出た。軸上色収差の影響もあってF2.8ではぼけの前後で色収差が発生している。F5.6まで絞ると大きく改善されるようである。
  • ぼけ味は9枚の絞り羽根のおかげでF11までは綺麗な円形となった。価格に見合ったパフォーマンスを全体的に出してくれるとのこと。

ネット中古検索

ヤフーオークション
オークション落札相場
カメラのキタムラ
楽天中古・オークション

作例情報

PHOTOHITO
GANREF
スポンサード リンク
  • テスで戸です
  • ニコン純正レンズ |
  • 0 Comment |
  • 0 Trackback |

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/compnikon/3947182 

トラックバックはまだありません。

コメントはまだありません。

コメントする。

絵文字
 
星  顔