APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM ニコン用 価格・中古・作例

このエントリーをはてなブックマークに追加


※移転のお知らせ
カメラ関連のデータベースはCamera Lens-Naviに移転しております。


発売日 2010年 4月 9日
販売価格 189,500
レンズタイプ 高倍率望遠ズーム
最大径×長さ(重量) 104.4x219mm(1970g)
製品リンク 価格.com
製品ページ
Amazon
楽天市場
標準50mmから超望遠500mmまでカバーする、10倍高倍率超望遠ズーム。手ブレ補正OS機構を搭載し、スナップやマクロ、航空機、モータースポーツ等の手持ち撮影が可能です。 SLD (Special Low Dispersion:特殊低分散) ガラス4枚を採用し、色収差を良好に補正。ズーム全域で高い描写性能を発揮します。HSM搭載により、AFスピードの高速化と静粛性を実現。フルタイムマニュアルフォーカスも可能です。別売りのAPO TELE CONVERTERを装着すると、1000mmの超望遠撮影が行なえます。

描写や性能の個人的メモ

  • 手ブレ補正付き50-500mmの超望遠ズームレンズ。最大撮影倍率は0.322倍で、フィルターサイズはφ95mm。描写は全域にわたってシャープで、用途として野鳥撮影などに向いている。
  • AF速度・精度またOS(手ぶれ補正)の効きなどの性能面でも優秀。公称では手ブレ補正効果は4段ほど。HSM搭載のためフルタイムMF可能。ワイド端が長くても良いならAPO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMという選択肢もアリ。こちらは価格面で有利だが、描写面では50-500mmの方が評判が良い気がする。
  • GANREFの一言解説では「広角端から300mmまでは、シャープネスが安定しており非常にシャープ。絞り開放から単焦点レンズ並のシャープネスだ。ただし、400~500mmにかけてシャープネスに低下が見られ、レンズ中央から周辺に乱れが確認できる。色収差に関しては、広角端と望遠端のレンズ中間から周辺にやや強めの収差が確認できる。」とのこと

ネット中古検索

ヤフーオークション
オークション落札相場
カメラのキタムラ
楽天中古・オークション

作例情報

PHOTOHITO
GANREF

その他リンク

シグマ、「APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM」 - デジカメWatch
HEAVENLY FOREST SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM
SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSMレビューその6-自由作例-
スポンサード リンク
  • テスで戸です
  • シグマレンズ |
  • 0 Comment |
  • 0 Trackback |

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/compnikon/4316432 

トラックバックはまだありません。

コメントはまだありません。

コメントする。

絵文字
 
星  顔