Ai AF Micro-Nikkor 200mm f/4D IF-ED 価格・中古・作例

このエントリーをはてなブックマークに追加


※移転のお知らせ
カメラ関連のデータベースはCamera Lens-Naviに移転しております。


発売日 1993年12月4日
販売価格 208,000円
レンズタイプ 望遠マクロ
最大径×長さ(重量) 76x193mm(1190g)
製品リンク 価格.com
製品ページ
Amazon
楽天市場
近寄れない世界を引き寄せる望遠マイクロレンズ。 無限遠から等倍まで絞り開放からコントラストの高い鮮明な画像が得られる、焦点距離200mmの望遠マイクロレンズ。等倍撮影時のワーキングディスタンスが約26cmと長く、昆虫などの撮影に便利です。望遠レンズとして一般的な撮影にも高い描写力を発揮します。

描写や性能の個人的メモ

  • ワーキングディスタンスを長く取れる望遠マクロレンズで、市場が狭いので探しづらいが、中古で9万円ほどで手に入れられる。 似たスペックのレンズとしてシグマ APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSMやTAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di LD [IF] MACRO 1:1がある。
  • レンズモータ非搭載なので、D40などの一部機種ではAFが不可能なので注意。上のシグマ製のレンズならばレンズモータ搭載で手振れ補正付きなので、機械品質的には優秀。
  • Sigma AF 150mm f/2.8 APO EX HSM macro DG D - Review / Test Report - Analysisでの テスト結果を見ると、こちらも中々良い描写であることが解る。Tamron AF 180mm f/3.5 SP Di LD [IF] macro (Nikon) - Review / Test Report - Analysis を見るとタムロン製は純正より少し落ちる印象。純正にこだわりがなければ、選択肢としてありでしょう。
  • 以下はD200でのテスト結果(Micro-Nikkor AF 200mm f/4 D ED - Review / Test Report
  • 歪曲収差は0.0548%の糸巻き型歪曲。気にする必要はない数値。
  • 周辺減光は開放絞りの無限遠時に0.4Evと少ない値。等倍撮影時でも0.3Ev以下とごく僅か。
  • 中央部の解像度は、f2.8からVERY GOOD評価(上から2ランク目)でギリギリExcellent(最高評価)には至らなかった。f5.6-8で解像度のピークとなりExcellent評価で、f11以降は VERY GOOD評価に留まった。
  • 周辺部の解像度は、f2.8でVERY GOOD評価で、f5.6-8の時にギリギリでExcellent評価となった。f11-16ではVERY GOOD評価。f11以降は中央部・周辺部共に回折現象により解像度は徐々に落ちてくる。
  • 色収差は全体的に0.1ピクセル以下で無視出来る値。非常に稀な傾向である。
  • 総評では「欠点のない優秀なレンズ。解像度も良くて色収差もなく、ボケもバターのように滑らかである。レンズモータが無いのでカメラに頼った低速なAFとなるが、 マクロ撮影はMF撮影が好まれるので特に問題はないでしょう。値段が少し高いのが障害となりますが」とのこと

ネット中古検索

ヤフーオークション
オークション落札相場
カメラのキタムラ
楽天中古・オークション

作例情報

PHOTOHITO
GANREF
スポンサード リンク
  • テスで戸です
  • ニコン純正レンズ |
  • 0 Comment |
  • 0 Trackback |

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/compnikon/4682066 

トラックバックはまだありません。

コメントはまだありません。

コメントする。

絵文字
 
星  顔