膨大な数のNIKKOR(ニコンレンズ)を見分けるのに役立つサイト紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
Rolands Nikon Pages」というサイトが役立つので個人的メモ。

ニコンレンズの体系図は数あるカメラメーカーの中でも断トツに分かりづらい。キヤノンなどはデジタルに移行するときにマウントを変更した為、使えるレンズも限られている。オリンパス・ペンタックス等は元々、純正レンズが少ないため見分けは簡単である。

しかしニコンレンズはそうは行かない。半世紀もあるFマウントで使えるレンズは、他メーカに比べて圧倒的に多い。例えば標準的な単焦点である「50mm F1.8」 は、ニコンではAi・Ai-S・Ai AF D・AF-Sタイプ等、それぞれ機能面での違いがある。また同タイプでもリニューアルされたりと、何だかんだで同焦点距離のレンズが10本近くになる場合もある。

画像で見る違い

上に記述したサイトの「Nikon Lens Specifications」というページがそんな時に役立つ。

レンズタイトルをクリックすれば、該当のレンズの画像が表示されて大変便利である。うちのブログではまとめていない最初期型のNIKKORレンズの情報もあるため、フィルムカメラを愛用している人にも役立つコンテンツだと思います。スペックを比べるのにも役立つでしょう。

あまりに古いレンズやディスコンとなったレンズは価格.comに載っていない場合もあるので、こういうサイトがあると良いと思います。

中古でレンズを買う際には、間違えて別タイプのレンズを買うことを防止するために、上のサイトを軽く見ておくと良いかもしれません。もしくは予算が足りない場合に旧型が有るかどうかを調べるために使うのもグッドでは。
スポンサード リンク
  • テスで戸です
  • 撮影法・機材解説 |
  • 0 Comment |
  • 0 Trackback |

この記事へのトラックバックURL

 

トラックバックはまだありません。

コメントはまだありません。

コメントする。

絵文字
 
星  顔