皆既月食をSS・F値・ISOを弄って色々撮ってみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

超望遠で撮って来ました

今年の皆既月食は満月で天候状況もよく、中々お目にかかれない珍しい月だった様です。赤い月と表記すると魔界戦記ディスガイアとか思い出します。オタク臭いことを書くと来客数が減るので控えよう。

被写体ブレという言葉は大体の人は理解していると思いますが、月や天体も移動しているためSSが遅いとブレます。一般的にはSSを稼ぐ=ISOを高く設定するか明るい絞りで撮る事が重要。

安物三脚なので三脚によるブレも有るかもしれませんが、色々な設定で撮った中で比較的ましだった写真を載せていきます。ちなみにリモートレリーズ使用。RawTherapeeでアンシャープ+ノイズ除去を軽めに掛けています。

ISO320-500でSS変えながら適正露出

J-20111210_234332
Nikon D90 + Nikon ED AF NIKKOR 300mm F4 + kenko pro 300 1.4X DG
1秒 F5.6 ISO500 ±0EV WBオート

J-20111210_234326
Nikon D90 + Nikon ED AF NIKKOR 300mm F4 + kenko pro 300 1.4X DG
1.5秒 F5.6 ISO500 ±0EV WBオート

J-20111210_234444
Nikon D90 + Nikon ED AF NIKKOR 300mm F4 + kenko pro 300 1.4X DG
3秒 F11 ISO500 ±0EV WBオート

J-20111210_234704
Nikon D90 + Nikon ED AF NIKKOR 300mm F4 + kenko pro 300 1.4X DG
6秒 F8 ISO320 ±0EV WBオート

周りに写っている星を見たら流れているので露出時間が長すぎる。 

高いISO感度(1250)で撮る

J-20111210_234908
Nikon D90 + Nikon ED AF NIKKOR 300mm F4 + kenko pro 300 1.4X DG
1秒 F8 ISO1250 ±0EV WBオート

J-20111210_235058
Nikon D90 + Nikon ED AF NIKKOR 300mm F4 + kenko pro 300 1.4X DG
1秒 F11 ISO1250 ±0EV WBオート

J-20111210_234816
Nikon D90 + Nikon ED AF NIKKOR 300mm F4 + kenko pro 300 1.4X DG
1.5秒 F11 ISO1250 ±0EV WBオート

露出の設定について

Nikon D90 + Nikon ED AF NIKKOR 300mm F4 + kenko pro 300 1.4X DGで撮影したので開放F値はF5.6とかなり暗くなります。解像度や収差を考えたらF8-11くらいに絞りたいのですが、光量が足りなくなるためISOを上げるか絞りを開ける必然性があります。今回はISOを弄って撮る事を選択。

撮影中は寒すぎて何も考えずに撮ってたのですが「F8 ISO800 1秒」くらいの露出をベースにして撮ったほうが綺麗に取れそうでした。それとミラーアップ撮影+リモートレリーズ+頑丈な三脚が揃ってると良さそう。贅沢を言えばD700の様なISO1600以上でも綺麗に取れるフルサイズボディがあると良い。

今回は腕が足りないので綺麗に取れなかった。どんな機材でも上手い人は上手いもんですし。まあ人生2回目の天体撮影にしては上手く出来たほうだとポジティブに捉えておきます。

今回の機材

Nikon D90:52000円
Nikon ED AF NIKKOR 300mm F4:18000円
kenko pro 300 1.4X DG:5000円
SLIK SPRINT PROⅡ :3000円
エツミのリモートレリーズ:1500円 

総額:79500円の機材で撮影。安上がり!
あとブログランキングの記事で一位になってた。
初心者の写真だから多めに見といて下さい。
スポンサード リンク
  • テスで戸です
  • Nikon Ai AF 300/4 |
  • 0 Comment |
  • 0 Trackback |

この記事へのトラックバックURL

 

トラックバックはまだありません。

コメントはまだありません。

コメントする。

絵文字
 
星  顔